FC2ブログ

セミラミスの天秤 感想

『セミラミスの天秤』6月27日(金)発売




セミラミスとは?
アッシリアの伝説上の女王、世界七不思議のひとつ「バビロンの空中庭園」を造らせたといわれる人物



プレイ時間:12時間程度
攻略ヒロイン:5人
エンディング数:個別エンド5つ+BADエンド4つ
攻略順は
直緒、芙美香(人間の話)→映瑠、愛生(天使・悪魔の話)→塔子(作者の話)

がオススメ



「――ようこそ、悪魔の織り成す『優しさ』の牢獄へ」
神尾愛生という少女が転校してきたことで主人公・速見玲児がその少女・・・・・悪魔にとりつかれるお話


開始1時間ぐらいで主人公が愛生の処女を奪います
それがもとで「ここに住まわせて」という脅迫をされ、しょうがなく一緒に住むことになります
開幕で処女奪って、脅迫されるという・・・・・カワイソーナシュジンコウデスネ

全体的にかなり黒く、騙されたり、試されたり、プレイヤーの倫理・常識を問われる作品
そしてプレイする人間をだいぶ選ぶ作品

1:イチャラブなんてほぼない(無いわけじゃないけど・・・・・まぁ2時間分もない
2:サブキャラが輪姦されます
3:全体を通して救いがほぼありません(救い?ナニソレおいしい?というレベル
4:BADエンドしだいでちょっと病む・・・・・・・・・・
5:小難しい言い回し単語・ことわざが多数使われる(嵩夜節なので当然


とりあえずこういうものに耐えられないと無理ですね
共通がとても長い、しかも選択肢しだいで2パターン存在する
個別ルートはかなり短い、キャラによっては1時間もかからずに終わる

内容としては神尾愛生が作り出す「未必の故意」にたいしてどう選択して行くのかが重要になる
好奇心のまま選択して行くもよし、相手のために選択していくもよし


作品としての面白さはそのテキストであったり、そのことわざに対する考えであったり
天使と悪魔がぶつかる選択肢そのものだと思うのでこれ以上の内容を説明するのは難しい




Hシーンはのり太さんの絵が平気なら、それなりに実用性はあると思う
俺の回り何故か嫌いな人多いからねー

シーンは愛生をのぞき1~2シーンしかない、愛生だけは6シーンある
これといって変態的なシーンはないもののサブヒロインの輪姦シーンが二つある
陵辱ゲームと言ったものをプレイしている感覚が無い状態でこのシーンがくると、正直胸糞悪いですね



システムは・・・・不便さMAX
スキップ遅い、動作重い、「次の選択肢まで飛ぶ」は未読まで飛ばしてくれる親切仕様
環境設定のページが1ページしかないのはすっきりしているのだが・・・・・
てか長いブランドなのにエンジンが古いままなので、演出もレイヤーを別けて暗転処理できないため演出が・・・
立ち絵も前後移動が無いため距離感もいまいちだったりする



音楽はかなり良い
タイトルBGMの「Overture~The Scales of Semiramis」は作品全体の重要なBGM
音楽の挿入タイミングなどはきっちりとしていて、BGMをとてもよく生かせていた
ただ2回ほど挿入歌を使ったシーンがあるのだが・・・・・あれは要らなかったかな・・・・挿入歌が逆に雰囲気を壊している

主題歌などボーカル曲すべてでシナリオ担当の嵩夜あやさんが書いているのでそこも重要
OPの「Hanging garden」とは空中庭園、タイトルのセミラミス・・・・・・・ニヤリ


作品全体として・・・やはり救われない
共通ルートで友人が自殺したり、輪姦されたことをしってしまうからである
印象的なBADエンドでは主人公すら・・・・・・・・・・・

企画/原案は安納 塔子という人なのだが、これはヒロインの一人
オススメ攻略順にも書いたが塔子(作者の話)というのはそういう意味である
本来であれば「嵩夜あや」になるのだろうけど、すでに演出はここから始まっていた

最後のEDでヒロインが「こういう話があったんだよ」と本を閉じて終わる作品は多数あるが
それとはまた違う終わり方
5人終わらせて、最後の謎を解いてくれると思いきや・・・・・でかい謎を残して終わります
自分の答えを見つけるまで終わることが出来ないのである、そしてその答えは存在しない

個人としてはおもしろかったのだと思う
心に鋭利なものが刺さったような感じとして印象に残っている
おそらく一つ前にぷれいしたさくさくとの落差が激しいせいもある
あっさりとBADにもって行くので・・・・・・・・・

胸糞悪かったり後味の悪さ、考察し続けることが苦行にならないのであればオススメして・・・・・いいのかなと悩む作品
中二はMAXなのでいいかもしれない


どうでもいいことなのだが
この作品で天使・章辺映瑠→アキベエルという天使が教典にかかれているのに
悪魔・神尾愛生→カミオアミという悪魔はいない・・・・・・・




以下重大なネタバレ


この作品は上記したように「企画/原案は安納 塔子」
塔子ルートの最後に「セミラミスの天秤」という作品が完成する話になっている
そして5人全て終わらせると、この作品の作者である『安納塔子』が最後に出てくる
そこでは
・実際に体験したことを元にフィクションを織り交ぜて完成されたこと
・PNにPNを付けたこと
・この作品の作者は君にとって誰ならばよかったのかな?

という大きな謎が残されて終わる

一つ一つ処理をしていこうと思う

・この作品に出てくる安納塔子は存在しない人物
作中使用しているPNは雪井燈花である
しかも塔子ルートで「雪井燈花の最新作、セミラミスの天秤」という記述がある
すでにこの部分がフィクションなのである
この作品の企画/原案は雪井燈花ではなく安納塔子
このPNがノンフィクションであるなら「企画/原案は雪井燈花」でなくてはならない

さてここで何故「安納塔子は存在しない」のかの説明
最後の部分「PNにPNをつけるのは面白かった」という記述があるように
「PN(安納塔子)にPN(雪井燈花)をつけるのは面白かった」と訳せる
そして塔子ルートはフィクションなのである、この作品が完成したのはこの最後の演出を見た時に完成したためでもある


じゃあこの安納塔子というPNを使って、実際の「セミラミスの天秤」を体験して執筆したのは誰なのか?

ほぼ間違いなく「神尾愛生」であろう
本編でも愛生主体で動いていることが最大の理由でもある
愛生以外のルートでは両親の声や過去の姿は出ていても、今現在の姿では出てこない
愛生ルートでは両親のことなどが事細かく記載があることもひとつの理由


運よく天使と悪魔の名前を持った二人が同じ学校でぶつかり合う立ち位置になれるのか・・・と考えたとき
作中で「事実は小説よりも奇なり」という説明で「小説で書かれるようなことは実体験か考え付くようなこと、それがどんなに奇妙なことでもね」とあるように
映瑠か愛生どちらかが実在して、天使と悪魔の名前と知って自身の分身として作中にもぐりこませたと考えるなら
映瑠がこの作品の作者である可能性も否定できない


最後の人物が愛生の髪型、塔子の髪色、映瑠の身長、胸は3人足して3で割った感じ(愛生よりは小さいが映瑠よりでかいと思う
作品のなかで自分を別けたのでは?と予想することも出来る
この場合は実際は一人で、心の中の天使と悪魔の葛藤が映瑠と愛生として作品に出てきた形

どれにせよ映瑠か愛生が作者なのではないか?と思う
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

まおてん 応援バナー

恋がさくころ桜どき

恋がさくころ桜どき

プレイ時間:12時間ほど
攻略ヒロイン:4人+1人(ティナのみ杏クリア後タイトルより選択)


幸せになって笑顔を見せるために恋をしようという作品
死神とか使い魔とか出てくる程度にはファンタジー要素もあり

死神とか出てくるのでもっとファンタジー入るのかな?とか思っていたのだけど結構普通の恋愛作品
まぁ恋愛対象が死神だったりするわけだがw

杏とティナ以外は純愛作品にある内容と言ってもいい、ただ恋の妖精の手助けがあるw
杏とティナに関しては死神やら主人公の過去など多くの解説、結末が描かれるルート
でもそこが重要なの?と聞かれるとそうでもない気がする
「死神と人間」という立場では恋は難しいの?とか恋を見つけるのって難しいのかな?ではなく
恋することで「悲しいこと」「嬉しいこと」「辛いこと」「喜ばしいこと」
様々な困難があるというのを表現したい作品なのかなと思いました

ただ日本人好み(らしい)である悲恋、犠牲を最後のほうに置いている
この辺は少しわざとらしいので気に入らなかったんですけどね・・・・・・・サーセン
もちろんハッピーにもって行くのだけど・・・・・・・・・・むしろ持って行かなくていいんじゃないか?と思うルートも多々ある


シーンは各キャラ3~4シーン程度
俺はつばす絵をエロイ目で見れないので・・・・起たない
俺にとっては実用性皆無でした
夕莉のレイプ目はちょい興奮した

BGMは印象に残ってない、雰囲気を壊さない程度にはよかったってこと

システム面も細かく調整できるので問題は無い


悪くはない、ただ特出するべき点もない
ただ「恋なんて、するもんじゃない・・・・・・・・」というセリフに収束してほしかった作品
まおてん 応援バナー

星織ユメミライ 感想

『星織ユメミライ』応援中!


プレイ時間:約50時間(体験版部分は共通ルート
ヒロイン:6人(各:11シーン
ボーカルソング13曲(OP1曲、各ヒロインに挿入歌とED1曲ずつ


前作「初恋1/1」が霞むような出来のよさ
正直期待していなかったんだけど・・・・・・ビックリした

ただかなり人を選ぶゲームであることは間違いない
1:1ルート6時間を越えるボリューム
2:そのボリュームで7割はイチャラブ
3:差分CGで結構穴埋めしていることに突っ込みを入れない(いつものVA

以上に耐えられるなら問題ないと思う・・・・・・・・・よ?

挿入歌部分と一部強制オートモードもあります、これは嫌いな人多いから一応


学園物らしいイベントが続くので目新しさというものはない
キャラの性格やCGの美しさなどを効果的に使って魅力的に演出できているので
ヒロインと行動していることでいつの間にか生まれた「好き」という想いをどうやって伝えるのか
他の作品よりドキドキワクワクできる・・・・・・・・・・・・・かもしれない!
(建築家を目指しているという部分が被っていたというのもあるかもしれないけど・・・・)

ルートに入ってしまえばバカップル全開!バカップル万歳!
というのがスクール編、内容的にはここだけやって感想かいてもいいと思う

アフター編は本当にFDというかんじ
日常→H→デート→H→仕事→H→ゴールイン!
全キャラウエディングドレスのCGがあります、アフター編はこれ以外はほぼHCGしかありません
ウエディングドレスのCGだけ気合が違った気がするのきのせいだろう


主人公とヒロインには重要な「時間」が存在していて
そら、真里花 →「過去」の出来事がきっかけ
夏希、美砂  →目指す「未来」がある
律佳、透子  →「今」を壊さないため

この「時間」が互いを結ぶきっかけにもなり、困難にもなり、支えてくれるとても重要な部分
これはスクール編、アフター編通して重要になります

今見えている『星』の光は「過去」のもの
叶えたい『ユメ』があるから、「未来」に向う
『ミライ』が怖いから、「今」を守る

それぞれの内容にあうようにタイトルと繋げてみたけど厳しいね、ないな
『織』は主人公のことで、織には「組み立てる」という意味もあるので
建築であったり、ヒロインとの関係などを含めれば・・・・・・・・・・・・・・無理だな
なんか惜しいものもありそうなんだが気のせいだな



さてHシーンですが・・・・・・・・・・・
変態ドM律佳が光りすぎて他が霞んでしまいます・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コスプレ、拘束、目隠し、腹ボテ、おしっこ、野外、水着などなど様々あります
実用性かなり高め、一個ぐらい好きなシーン出てくるはずですよ
ちなみにウエディングドレスのシーンはない・・・・・・・・何故だ!!!!


主題歌やBGMもかなり素晴らしいです
タイトルテーマである「星の願い」は落ち着いた雰囲気の良い曲です
主題歌のほうはそのルートを担当しているライターが歌詞を書いているので
歌詞を楽しみつつヒロインと照らし合せるとさらに心に残る一曲になります
律佳ルート挿入歌の「想いの欠片」は一番ずるいです



一番好きになってしまったキャラは律佳、ルートの内容でも一番好き
タイトルの「星織ユメミライ」に繋がっていた気がするし、ヒロイン視点と主人公視点で物語が動くのでよりその物語を楽しめる話でした、セリフの臭さはMAXです
あと最後の演出はずるい・・・・・・・・・・・・・・CGが変わったことに気がつかなかった・・・・・・・・・・・



前作よりもかなり良い出来、おもしろかった!と素直に喜べる作品
特に順番は気にする必要はないと思います
こんな恋愛シタカッタデスネ(棒 アリエネーワー
まおてん 応援バナー

G.I.B ~ガールズ・イン・ブラック~ 感想

G.I.B. ガールズ・イン・ブラック 応援バナー


新メンバーで迎えた第1作目(通算11作目)

主人公『音無 昴』はある日、アブダクション(UFOに誘拐される)されそうになる
そこへヒロイン『黒河 有佳乃』が駆けつけ助けられる
そのとき見せた観察力と度胸を買われて『MIB』に入ることに
それから協力者として
転校生かつ宇宙人の『エリーゼ・ヴァレンシュタイン』
宇宙人が大好きな義妹『音無 宙美』
も交えて宇宙人がかかわる事件を解決して行く


映画「メン・イン・ブラック」を題材にした作品なんだと思う
ちょくちょく似たようなシーンもあるし、ギャグ成分多め
テキストは読みやすいものの少々退屈、萌えもちょくちょくあるのだが浅い
キャラを魅力的に生かせていないように感じてしまった、なによりも妹が不快すぎて正直辛い
むしろ宇宙人のほうがキャラが生きてる

個別ルートのほかに特殊ルートというものがあるのだが
アレの必要性を感じなかった・・・・・・・・・・・こんな感じ



てっきりトゥルーエンドか何かと思えば・・・・・・・・全然違うじゃない

CGは好みだった頃のてんまそさんが帰ってきたようでうれしかった
ただ不自然な立ち絵の多さが目立つ、なんでその状況でそんな楽しそうに立っているのかと思ってしまう、表情も少々少ない気がする

そのわりにはシーンへの力の入れ具合が半端ではない
BGVがキャラごとに数種類ずつ用意されていて
シーンの終盤になれば変わっていく+事後のBGVまであるのは優秀
そして何故か多かった聖水、いや俺は好きだから全然いいよ
シーンのシチュエーションもなかなか優秀で
目隠し、電車内、学校の男子トイレでなどなど
好きな人は抜ける一本なのではないだろうか

システム面はとても優秀、ただシーンジャンプはあるのに次の選択肢まで飛ぶメニューはない
まぁあっても使わないのだけど



と大体書いたところで今までの作品とはまた違う作品になっていることの説明

Whirlpool作品の主人公は「革新者(イノベイター)」という称号をTipsより得ている(Tipsが無かったいなこい、マギウスに関しては77で確認することが出来る)
竜翼のメロディアを除き世界観は統一されている
登場人物に必ず過去作品の「親族・友人・兄弟」か「重要なアイテム」が登場する
変なアヒルが登場する

というのが今までのWhirlpool作品の共通点だったのだが
今作ではこれらの共通点が存在しない
ウィキにはGIBの主人公にもイノベイターの称号が与えられているが製品ではその一文は無い

ある意味新参者には嬉しいかもしれない、今までの作品は「過去作品があったからこその作品」
そこからやらなきゃ本当におもしろくならないんじゃ?という意見を何度も見ているからである
実際はそこまで深くは過去作品がかかわるのはルナリスフィリアぐらいで
そのほかのほとんどがチラッと出てくる程度

代表も変わり新しいメンバーを迎え新しいWhirlpoolという形になった1作目という考えなのかな?
俺個人としては「今までの作品を巻き込む(Whirlpool)ブランド」として頑張ってほしかった
これはブランド名の由来でもなんでもないですけどね


シナリオだけならWhirlpool作品でTOP3を争える退屈さだった
ただのギャグゲーとしてみればおもしろいのかもしれないけど、ギャグゲーとしてみるには不足が多すぎる、妹がめんどくさいのも辛い
シーンの優秀さに多少救われたかもしれない感はMAX

「薦められるか?」と聞かれれば「NO」と答える一作
まおてん 応援バナー

【⇔】ちぇ~んじ!~あの娘になってクンクンペロペロ  感想

ちぇ~んじ!~あの娘になってクンクンペロペロ~

プレイ時間:10時間
攻略ヒロイン:4人

相変わらずのバカゲーでとてもおもしろかったwwww
ばれないのはいつものこと、そこを気にしたら負けなゲーム

シーンはほとんどが女性にちぇんじしてオナニーをするというもの
あかざさんのCGは相変わらずエロエロ、アングルやシチュもエロエロです


最後にはちぇんじシステムの目的がわかるのですが・・・・・・何気に真面目です


こうやって書くと・・・書くこと無いな・・・常に「おい、それはねーよww」ってツッコムゲームなので
まおてん 応援バナー
プロフィール

moonlightlapis

Author:moonlightlapis
ただのオタクです

コンプリートしているエロゲの数:300作品


mixiキーワード:風音様万歳

応援中
Getchu.com homepage

カテゴリ
未分類 (10)
PCゲーム (247)
日記 (36)
アニメ (5)
ライトノベル (7)
PS3 (12)
ゲーム (7)
PSP (3)
雑記 (5)
バナー集積所 (1)
PS4 (1)
最新記事
リンク
知り合いのブログです
人生はひつまぶし
ぬるま湯~空の家~
チェルシーの趣味部屋
はらはらぺこぺこなブログ
消えていく日々を、僕たちは追いかけていく
参加ランキング
にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ
にほんブログ村 アニメブログへ
検索フォーム
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: