FC2ブログ

戦場のヴァルキュリア

開発・発売:セガ
対応機種 :PS3
ジャンル :アクティブ・SRPG
戦場の

あらすじ
征暦1935年。専制国・東ヨーロッパ帝国連合(通称「帝国」)共和制連邦国家・大西洋連邦機構(通称「連邦」)の間で始まった第二次ヨーロッパ戦争は、両国に挟まれた緩衝国である小国・ガリア公国飛び火した。帝国は燃料や兵器、治療目的で使われる鉱物資源・ラグナイトを大量に手に入れ、それによって連邦との戦争を優位に進めることを目的とし、ラグナイトを豊富に産出するガリア公国への侵攻を開始したのである。
ガリア公国に住む大学生ウェルキン・ギュンターは、故郷ブルールに帰郷した際、自警団をしている町娘アリシア・メルキオットと出会う。そして彼らは、偶発的に起きたブルールでの戦闘に参加したことをきっかけに、自らも戦争へ参加することになる。ウェルキンは義勇軍第3中隊第7小隊長として、亡父が遺した戦車・エーデルワイス号を駆り、祖国を守る戦いへと臨んでいく。

感想
PS3ソフトで2番目に長くプレイした作品(約700時間、一番はTOVの約1000時間)
開発メンバーが旧オーバーワークス、サクラ大戦シリーズを製作したチームである
期待していた作品でもあった

新しい戦闘システムとして「BLiTZ(Battle of Live Tactical Zones)システム」を導入している
これはシミュレーションとアクションを融合したシステムである
移動中は敵から迎撃されてしまう、移動した後の味方の配置が悪いと倒されてしまう
逆を言えば自分もそれを利用できる
そんな戦闘システムはとても斬新だった

表現のしかたも普通のCGなどではなく「CANVAS」という水彩画風のイラストが動いているかのように表現されている
「CANVAS」
今までのゲームと違う表現を使うことでこの作品独特の世界観を確立している

キャラクターも魅力的で特にアリシアに惚れることは間違いない!
個人的には敵キャラのセルべリア・ブレスがお気に入り
セルベリア
声優も
千葉進歩・井上麻里奈・櫻井孝宏・能登麻美子・桑島法子・福山潤・大原さやか・大塚明夫・大塚周夫
など豪華である

シナリオもとても良くできていて戦争の裏側、英雄という重さ
そこから描かれる人と人の絆、そして恋がきれいに描かれていると思う


この作品は日本での評価より世界的評価のほうが高いのが残念でならない
「プレイステーション3史上最高のシミュレーションRPG」としてギネス・ワールド・レコーズに認定
2010/E3ではThe best strategy RPG for the PS3として認定証も授与
など存在する

シリーズ作品として2はPSPソフトとして発売されていて
3は2011/01/27にPSPソフトとして発売予定である

ぜひ戦争の中で芽吹いた恋という花の開花を見てほしい戦場のヴァルキュリア公式ページ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

まおてん 応援バナー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moonlightlapis

Author:moonlightlapis
ただのオタクです

コンプリートしているエロゲの数:300作品


mixiキーワード:風音様万歳

応援中
Getchu.com homepage

カテゴリ
未分類 (10)
PCゲーム (247)
日記 (36)
アニメ (5)
ライトノベル (7)
PS3 (12)
ゲーム (7)
PSP (3)
雑記 (5)
バナー集積所 (1)
PS4 (1)
最新記事
リンク
知り合いのブログです
人生はひつまぶし
ぬるま湯~空の家~
チェルシーの趣味部屋
はらはらぺこぺこなブログ
消えていく日々を、僕たちは追いかけていく
参加ランキング
にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ
にほんブログ村 アニメブログへ
検索フォーム
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: