FC2ブログ

涼風のメルト -Where wishes are drawn to each other-

制作会社:Whirlpool
発売日  :2010/8/27
原画   :てんまそ
      :こもわた遙華(SD原画)
シナリオ :大三元
      :高嶋英二
音楽   :Elements Garden
涼風のメルト

あらすじ
主人公、瀬川彰人の住む御代街には、古くから、土地神精霊に守られたという伝説がある。今でこそその伝説を信じる人はいないが、その伝説に基づいて始まった土地神祭は、10年に一度、街にとっての一大イベント。 今回の祭りは、瀬川彰人が祭りの神官、幼馴染の捺菜が代替わりする新たな巫女と決まり、彰人にとって、今までとは違う特別な祭りとなるであろうことは、疑いようもなかった。 そんなある日、見たこともない生物を彰人が見かけたのをきっかけに土地神と出会い、その土地神から聞かされた話によって、彰人はこの街の真実の一片に触れることとなる。
精霊たちと人間の“絆の物語”を描くWhirlpool作品第5弾

Whirlpool作品の今回の+αは「精霊土地神
「涼風のメルト」のメルトは「溶ける」を意味する英語のmeltのこと
サブタイトルの「Where wishes are drawn to each other」は「願いが互いに引き寄せられる場所」を表わす
「てんまそ×大三元」この二人があらわす世界観は相変わらず色あせない輝きを持っていると思う。
まぁこうゆう世界観が好きなだけなんだけどね

攻略できるキャラは5人、ただし一人はほか4人の絆語り(各キャラクリア後出現)を見るのが条件
各キャラ3回のシーン(本編で2回、絆語り1回、上記一人を除く)
なかなかのボリューム感でおもしろかったです、声優陣もすごく豪華でしたし
幼馴染、男勝りなクラスメイト、おっとり系の先輩、礼儀正しいけどちょっと腹黒い後輩など
面白いキャラがそろっていて飽きさせない展開が続きます、捺菜は可愛すぎた
特に最後のルートは泣きが入ります
展開がわかっていてもBGM(最愛/霜月はるか)とともにくるラストシーンはやばかった
楽曲制作もElements Gardenと不安を感じさせない
主題歌「Believe forever」はこの世界そのものを現した歌とも言えるほどこの世界とあっていると思う

Whirlpool作品は全作品をプレイしているがいままでのものよりさらに安定してきたものとなっている
それでも評価は低めなのが残念orz
この作品も黄昏のシンセミアのような「日常+α」で描かれている世界である
前回と同じように独特な世界観が好きならプレイしてほしいですね
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

まおてん 応援バナー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moonlightlapis

Author:moonlightlapis
ただのオタクです

コンプリートしているエロゲの数:300作品


mixiキーワード:風音様万歳

応援中
Getchu.com homepage

カテゴリ
未分類 (10)
PCゲーム (247)
日記 (36)
アニメ (5)
ライトノベル (7)
PS3 (12)
ゲーム (7)
PSP (3)
雑記 (5)
バナー集積所 (1)
PS4 (1)
最新記事
リンク
知り合いのブログです
人生はひつまぶし
ぬるま湯~空の家~
チェルシーの趣味部屋
はらはらぺこぺこなブログ
消えていく日々を、僕たちは追いかけていく
参加ランキング
にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ
にほんブログ村 アニメブログへ
検索フォーム
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: